「 未来少年コナン 宮崎駿と「飛ぶこと」」のコメント一覧

ゆうさん

ラピュタの夢

こんばんは。
ラピュタについてですが、最後のシーンでドーラ一味がラピュタのお宝への固執を叫びながら、結局それを追わないシーンがありますね。
宝を追わないということによって「宝を追い続ける」という生き方を選択していること、そしてその姿勢が一味の生き甲斐となって愉快な生活の土台となっていることが印象的です。
その点から言うと、夢として割り切れない大人(ムスカら)は罰を受け、夢として割り切った大人(シータとパズー)は罰を受けないけれど、夢として割り切ることで夢に生きる子供大人(ドーラら)も一つのロマンの形として提示されているのかなと記事を拝見していて感じました。

URL 編集

D-BOYさん

Re: ラピュタの夢

すみませんやっとコメント見ました。
なるほど、そういうシーンがありましたかね。もう何年も観ていないので正直曖昧なのだけれど、『コナン』のことを思うと『ラピュタ』のドーラたちの処遇はあまりに甘すぎるかなと思っていたので(笑)、納得しました。
宮崎駿自身は、ここに書いたように飛ぶことを罪として描きながらも、どうしても飛行機が好きでたまらないという矛盾を抱えた人で(風立ちぬ的な)、ドーラというキャラクターは、彼のそういう葛藤に対するこの段階での落とし所なのかなとは思いました。

URL 編集